シトリン 磨き原石 ペンダントトップ【5】 [citrine005]

約45×13×11ミリ 13.4g(紐込み)
今回入った中の真ん中のサイズ4個(3000円と2000円)は、とても透明度が高く、ポイントを磨いたということがすぐ分かる形です。
で、2000円の2つは、特に色味の濃いタイプです。
少し薄めのウィスキー、水割り色?みたいですね。
虹は穴の周りに少し大きめに、柱面の真ん中あたりに小さめに入っています。
そして、先端部分周辺には何もありません。
語弊のある言い方ですが、要するに透明でインクルージョン等もなく、非常に美しいんですよね。
【3】とこの【5】は、どちらも甲乙つけ難い透明具合ですよ。

今回入った【1】〜【9】は、シトリンの、主にポイントを磨いて穴をあけたものです。
ペンダントトップとしていますが、磨き原石(穴あき)としたほうがいいのかもしれません。
ペンダントトップのカテゴリーに入れましたが、それくらい「原石」感が強いです。
"主に"ポイントと書いたのは、
多分、ポイントとしては先が欠けたり折れたりしてしまったもの等に磨きを入れたかなと
そう思われるものもあるからで、全ての先がポイント型ではないんですが、
大きな塊からの完全成形ではなく、全て結晶の柱面を利用している磨き原石です。
紐を通してペンダントにするも良し、このまま握り石として使うも良し、
ペンデュラムにもなりそう、とんがってないので、これで掌マッサージもできそうですよ。

特に明記はありませんでしたので、加熱シトリンであろうと思われます。
とはいえ、この石達、非常に、わくわくする元気な石達だと思います。
活性化ですね、まさに。


加熱シトリンって通常はアメジストを加熱するんですけど、
アメジストのポイントでこういう細長いものは余りないので、これ、ベースはスモーキークオーツかもしれません。
スモーキーシトリンってタイプですね。
スモーキークオーツの発色はアルミニウム、シトリンは鉄ですが、それらが天然で混じり込むことは当然あるでしょう。
そしてスモーキークオーツは加熱で色が抜けていくんですよ。
ウィスキークオーツとか、シャンパンクオーツとか、ビアクオーツとか、
アクセサリー素材となる宝石質のカットビーズに多い
スモーキークオーツベースに黄色みの混じる、流通名がお酒の名前のものがあるんですけど、
多分そっちに近いものではないかなと思います。

ちょっと余談になっちゃうんですけど、
天然石に対する加工について、ちょっとナーバスになる方もおられるとは思うんですが、
シトリンについては、今手に入る本当の天然ものって、多分一見限りなくスモーキークオーツか、一見限りなく水晶か、だと思います。
語源の柑橘イメージの「黄色」ではありません。
限りなく水晶って、こんなんね。 ←限りなく水晶に見えるけど、白い紙に乗せるとかろうじて黄色だよね、は分かる。原石の大きなカタマリレベルでないと、黄色だ!とは思えないかもしれないけど、でもこれ、天然のシトリンなんだよ〜。

そして、例えば発しているエネルギー的なところで言っても、アメジストを加熱したシトリンは、もうどう見てもアメジストではなくなっているんですよね。
なんちゅーかね、すんっとしてないの、お腹の底からうずうずするみたいな何かをはらむものになってるんですよ(語彙力 笑)
更に言うとアメジストの加熱は、天然でシトリンが出来る経緯の、
元々鉄分を含んで紫に発色しているアメジストが地熱の影響で変色してシトリンになる、
この「地熱」の部分を人の手で施すってことなんですね。
そして、そうでもしないともう、いわゆる人々がイメージするシトリンらしいシトリンには滅多なことでは出会えないと。

勿論、これらをどう思うかは個人的なお話で、私がどうこう言うところではありませんが、
私自身はもう、加熱処理を悪者扱いできなくない?(笑)と、思っています。
ジュエリーなんて「その石が本来持っている潜在的な美をひきだす」という名目で、トリートメントだのエンハンスメントだのと、いろんな処理が当たり前に施されていたりしますしね。
毎度、商品ページで余談が長くてすみません( ̄▽ ̄ゞ


写真は強めのライトを当てて撮影しています。




シトリン -*-*-
太陽を象徴する石。コミュニケーション力があがり、対人関係で積極的になれるといわれます。「循環」をキーワードに持つということもあり、金運や仕事の成功のお守りとしてもよいようです。
市場に出回っているシトリンの多くは、アメジストやスモーキークオーツを熱処理したもので、天然のシトリンはあまり鮮やかな黄色ではないもののほうが多いようです。11月の誕生石。
-- 和名 黄水晶
-- 宝石言葉 社交性、人間関係、生きる意欲、自信、表現力

商品詳細

素材  シトリン 磨き原石 ペンダントトップ【5】
サイズ 約45×13×11ミリ 13.4g(紐込み)
シトリン 磨き原石 ペンダントトップ【5】 [citrine005]

販売価格: 1,500円(税込) [通常販売価格: 2,000円]

在庫なし
お知らせ
2022年3月頭より、Gmail宛てのメールが戻ってきてしまう現象が続いています。
同じアドレスでも届く時と届かない時とあり(自動返信だけでなく、こちらのPCから直接Gmailアドレスに再送や発送完了メール等送信しても同様)今のところ再現性が不明です。
自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが、Gmail以外のアドレスからご連絡頂くか、公式LINEのほうからご連絡を頂ければと思います。 https://line.me/R/ti/p/%40qtm3650k
どうぞ宜しくお願い致します。
sold outの商品をご希望の方は[bs018]等の商品ナンバーを明記の上、こちらのお問い合わせフォーム、もしくは各商品ページの「お問い合わせ」よりご連絡ください。素材の在庫があれば対応可能ですが、仕入れ時期により価格の変動もございます。
SOLD OUTカテゴリーの商品は、同等グレードの石の再入荷が難しい、または、再入荷できても価格が大きく変動する可能性が高いものですので、石の質、価格共に同等での再入荷は少々難しいかもしれません。
素材の中に、クラックやインクルージョンが見られることがありますが、
それこそが天然である証のようなものと、予めご承知おきください。
天然石は水分や塩分に弱いものも少なくありません。
汗がついた後など、放っておくと変色してしまう石もありますので、
ご使用後はやわらかいメガネ拭き等でお手入れすることをお勧めします。
シルバー磨き用のクロスは細かい磨き粉がついており、
石に傷をつけることもありますので、ご注意ください。
石に対する言い伝え等については、その効果を保証するものではありません。
あくまで伝承として一般的に知られている内容を簡単にまとめたものです。