サクラカルセドニー、イエローフローライト、ペリドット 息吹1 [bn115]

2018年後半辺りから「サクラアゲート」名で出回り出した薄ピンクの石をメインにしました。
アゲート(瑪瑙)とカルセドニー(玉髄)は、どちらも潜晶質の二酸化珪素の結晶です。
顕晶質の二酸化珪素の結晶が水晶ですから、アゲートもカルセドニーも水晶の仲間、二酸化珪素の結晶です。

 顕晶質---水晶のポイントのように、結晶のひとつひとつが目に見える大きさであるもの。
 潜晶質---目に見えないミクロの結晶の集合体

更に言うとアゲートやカルセドニーは混じり込む不純物による透明度や模様などによって下記に分かれます。

 カルセドニー(玉髄)---色むらが少なく透明感があるもの
 アゲート(瑪瑙)---不純物、色むらなどによって、縞などの模様が存在するもの
 ジャスパー(碧玉)---模様のあるなしに関わらず、不純物が多く不透明なもの

それぞれの伝承や意味合いは、不純物が増えるに従って、強さを増していきます。
結晶の集合体である潜晶質というところから、
「人間関係と結びつき」「心身のバランスと癒し」は共通しているのですが、
カルセドニーには「柔軟性」や「緊張の緩和」など、柔らかな言葉が並ぶのに対し、
アゲートは「結びつきを強める」「精神的な傷の修復」
ジャスパーは「グラウンディング」「自信と勇気」など、強めの意味が増えていくんですね。

で、このサクラアゲートは、ピンク色のカルセドニーの中に、
白から薄ピンク色の石英が混じり込んだものです。
模様があるのでアゲートなんですが、
石英混じりの少ない、ベース部分の体積の多い個体は、ピンクカルセドニーの範疇なんですよね。
そして石達から感じるものも、アゲートというよりは、私にはカルセドニーなワケです。

うっすらと霞がかった桜の枝、その濃淡と遠近。
そんなふうに見えるこの石は、柔軟に人と人とを結びつける、優しく温かい春の息吹のような石に思えます。


こちらは、イエローフローライトとペリドットを合わせて、
希望に向かって、明るく自信を持った行動力をプラス、です。




写真は強めのライトを当てて撮影しています。
【再販】は、実物写真ではない場合がありますが、同グレードの石を使用しています。


カルセドニー -*-*-
優しいパワーを持ち、気持ちを穏やかにしてくれるといわれます。カルセドニーは全般、心の傷を癒して穏やかさと柔軟性を育み、人と人との絆を繋ぐといわれますので、恋愛のみならず出会いを求めたり絆を深めたりしたい方に最適です。
-- 和名 玉髄
-- 宝石言葉 社交性、思いやり

フローライト -*-*-
フロール「流す」という言葉が語源の石。子供の頃の無邪気で自由な発想を取り戻すサポートをしてくれるといわれます。思考力を高めて、脳を活性化させるため、受験のお守りとしてもよいようです。多彩な色を持ち、色別に少しずつパワーが違うようですが、おおまかにブルーは社交性、イエローは行動力、グリーンは癒し、パープルは感受性の特性を持つといわれます。
-- 和名 蛍石
-- 宝石言葉 ひらめき、集中力、直感、愛、学習、理解力、独立

ペリドット -*-*-
勇気と自信を与えてくれ、コミュニケーションが円滑になり、人生を豊かにしてくれる石だそうです。シトリンと共に古代エジプトでは太陽神を象徴する石として崇められました。夫婦や男女間の愛情を高めるとも言われます。8月の誕生石。
-- 和名 カンラン石
-- 宝石言葉 夫婦愛、幸福、友愛、なぐさめ、信じる心



商品詳細

素材  サクラアゲート9.5mm、イエローフローライト6mm、ペリドット5.5mm
サイズ 内周約16cm
サクラカルセドニー、イエローフローライト、ペリドット 息吹1 [bn115]

販売価格: 6,000円(税込)

在庫数 1点
数量:
sold outの商品をご希望の方は[bs018]等の商品ナンバーを明記の上、こちらのお問い合わせフォーム、もしくは各商品ページの「お問い合わせ」よりご連絡ください。素材の在庫があれば対応可能ですが、仕入れ時期により価格の変動もございます。
SOLD OUTカテゴリーの商品は、同等グレードの石の再入荷が難しい、または、再入荷できても価格が大きく変動する可能性が高いものですので、石の質、価格共に同等での再入荷は少々難しいかもしれません。
素材の中に、クラックやインクルージョンが見られることがありますが、
それこそが天然である証のようなものと、予めご承知おきください。
天然石は水分や塩分に弱いものも少なくありません。
汗がついた後など、放っておくと変色してしまう石もありますので、
ご使用後はやわらかいメガネ拭き等でお手入れすることをお勧めします。
シルバー磨き用のクロスは細かい磨き粉がついており、
石に傷をつけることもありますので、ご注意ください。
石に対する言い伝え等については、その効果を保証するものではありません。
あくまで伝承として一般的に知られている内容を簡単にまとめたものです。