ブルースギライト約9mm ペンダントトップ 金具ゴールド [bluesugilite002]

ブルースギライトの9ミリのビーズをペンダントトップにしました。

スギライトは1944年、愛媛県で発見され、発見者の師、杉健一教授に因んで命名されました。
なので「スギ」は教授の苗字、日本語なんですね。
英語ですと、スージーライトに近い発音になるようです。
スギライトといえば紫のイメージが強いと思いますが、
最初に発見されたものは、ウグイス色寄りの褐色の混じった黄色でした。
紫のスギライトは、スギライトにマンガンの混じり込んだマンガンスギライト。
微量のアルミニウムが含まれるとピンク寄りに発色します。

で、こちらのブルースギライトは、スギライトにリクトライトが混じったものです。
スギライトにはラリマーの成分、ブルーペクトライトが混じって青くなるものもあるということなんですが、
一般的には、リクトライト(リヒテライト・リヒター閃石)の混じりのようで、
リクトライトはスギライトと一緒になることで青色に結晶するんだそうです。

三大ヒーリングストーンの1つとして有名なスギライトですが、
その色味によって、エネルギーにも変化があるようです。
破邪や防御を謳われることも多い石ですが、その特徴は黒味がかったものがより強く、
淡い紫など色味が薄くなるほど、癒し寄りになっていくみたいですね。
そして青みはやはり、よりサードアイに働きかける、と。
元々、アメリカのニューエイジの間で、
今世紀最大のヒーリングストーンと言われて人気の出た石なので、
霊的成長など、スピリチュアル的な意味を多く持ち、
サードアイやクラウンチャクラ対応ではあるのですけど、
中でも希少なブルースギライトは、
スピリチュアル的クリアな視界、とでもいいましょうか、
そんなところを育ててくれるように思います。


写真は強めのライトを当てて撮影しています。
【再販】は、実物写真ではない場合がありますが、同グレードの石を使用しています。


商品詳細

素材  ブルースギライト約9ミリ
金具  合金
サイズ バチカン含め 約36×26mm
ブルースギライト約9mm ペンダントトップ 金具ゴールド [bluesugilite002]

販売価格: 8,600円(税込)

在庫なし
sold outの商品をご希望の方は[bs018]等の商品ナンバーを明記の上、こちらのお問い合わせフォーム、もしくは各商品ページの「お問い合わせ」よりご連絡ください。素材の在庫があれば対応可能ですが、仕入れ時期により価格の変動もございます。
SOLD OUTカテゴリーの商品は、同等グレードの石の再入荷が難しい、または、再入荷できても価格が大きく変動する可能性が高いものですので、石の質、価格共に同等での再入荷は少々難しいかもしれません。
素材の中に、クラックやインクルージョンが見られることがありますが、
それこそが天然である証のようなものと、予めご承知おきください。
天然石は水分や塩分に弱いものも少なくありません。
汗がついた後など、放っておくと変色してしまう石もありますので、
ご使用後はやわらかいメガネ拭き等でお手入れすることをお勧めします。
シルバー磨き用のクロスは細かい磨き粉がついており、
石に傷をつけることもありますので、ご注意ください。
石に対する言い伝え等については、その効果を保証するものではありません。
あくまで伝承として一般的に知られている内容を簡単にまとめたものです。