【再販】ナイジェリア産ライトカラー天然シトリンブレスレット 火星平原 [bn065]

訳ありシトリンに続き、
こちらもある意味、訳ありのシトリンですね。

こちらは極々ごーく薄い、ライトカラーのシトリンなんですが、
これ、天然の発色です。

ご存知の方も多いかと思いますが、実はシトリン、
天然での黄色は、非常に希少で、なかなか手に入らないものとなってしまいました。
鑑別に出したところで「天然クォーツ シトリン 通常加熱」のように記載されるんですね。
もうほどんどそういう決まりのようです。
たとえそれが黄色い色にするための、色を濃くするための
加熱処理を施されていないものであっても。

通常は、アメジストの中に、加熱処理をすると黄色に変化するものがあり、
それがシトリンとして売られています。
もともとアメジストもシトリンも、水晶の珪素の中に
微量に混じり込んだ鉄により色が付きます。
アメジストの場合は、天然の放射線をあびることによって、
シトリンの場合は、地熱などの熱が加わることによって。

この違いにより、色が変わるのですが、
アメジストの中には、加熱処理を加えることで、黄色く変化するものがあります。
中には、淡いグリーンになるものもあり、
それはグリーン・アメジスト、プラシオライトとして売られています。

ただ、キレイなシトリンにするには、キレイなアメジストでなければなりません。
ですから、そこに人の手が加わるという点において、価格もそれなりになりますね。
そして、加熱処理をされてシトリンとなったものは、
既にアメジストの質を持ってはいないと、そういう説もあります。
そして私も、それに関しては同意しています。
シトリンもどきと言う人もいますが、
明らかにもうアメジストではない、そう感じているんですね。
ですので、加熱シトリンについては、
本来のシトリンの、明るい幸運の石の質であると言ってよいと思っていますよ。

で、こちらのナイジェリア産シトリンは、
問屋さんが現地で原石の採掘の段階からビーズ加工まで、
未処理、天然であることを確認しつつ入手したものだそうです。

すんごくうっすら、なんですけどね。
3枚目の写真、私物の天然水晶の浄化ブレスレットと並べて撮ってみました。
ごくごくほんの〜り、色づいているのがおわかりでしょうか。

ただし、うっかり並べておくと、間違えます(笑)
ということで、浄化用ブレスレットとは、
石の大きさや数のパターンを変えてみました。

私物として私も同じものをここ数日使っていますが。
軽いんです。
よく分かりませんが、軽い、そう感じます。
12ミリ5粒、10ミリ10粒も入っているのに。
そして、ずうっと、てのひらの真ん中、火星平原がぴりぴりぴりぴりしています。

シトリンはチャクラ対応でいうと、第三チャクラ。
そして、てのひらでいうと、第三チャクラは火星平原なんですよ。
たまたま火星平原についてのブログも、先日書いていました。
ご参考までに。
てのひらと足の裏

もしかすると、形にならない心の重さ、マインドの重さみたいなものを、
シトリンが軽やかにしてくれているのかもしれません。
つい言い訳しちゃいたくなる時とかね、
できないんじゃなくて、やらない理由をひねり出そうとしちゃう時とかね(笑)

そして、自らの人生を自らの責任において負っていく。
だけどそれはね、本当はとっても軽やかなことなんだよ。
そういう石だと思います。


【再販】は、実物写真ではない場合がありますが、同グレードの石を使用しています。
写真は強めのライトを当てて撮影しています。



シトリン -*-*-
太陽を象徴する石。コミュニケーション力があがり、対人関係で積極的になれるといわれます。「循環」をキーワードに持つということもあり、金運や仕事の成功のお守りとしてもよいようです。
市場に出回っているシトリンの多くは、アメジストやスモーキークオーツを熱処理したもので、天然のシトリンはあまり鮮やかな黄色ではないもののほうが多いようです。11月の誕生石。
-- 和名 黄水晶
-- 宝石言葉 社交性、人間関係、生きる意欲、自信、表現力


商品詳細

素材  ナイジェリア産ライトカラー天然シトリン12mm、10mm、6mm
サイズ 内周約15.5cm
【再販】ナイジェリア産ライトカラー天然シトリンブレスレット 火星平原 [bn065]

販売価格: 6,000円(税込)

在庫数 2点
数量:
sold outの商品をご希望の方は[bs018]等の商品ナンバーを明記の上、こちらのお問い合わせフォーム、もしくは各商品ページの「お問い合わせ」よりご連絡ください。素材の在庫があれば対応可能ですが、仕入れ時期により価格の変動もございます。
SOLD OUTカテゴリーの商品は、同等グレードの石の再入荷が難しい、または、再入荷できても価格が大きく変動する可能性が高いものですので、石の質、価格共に同等での再入荷は少々難しいかもしれません。
素材の中に、クラックやインクルージョンが見られることがありますが、
それこそが天然である証のようなものと、予めご承知おきください。
天然石は水分や塩分に弱いものも少なくありません。
汗がついた後など、放っておくと変色してしまう石もありますので、
ご使用後はやわらかいメガネ拭き等でお手入れすることをお勧めします。
シルバー磨き用のクロスは細かい磨き粉がついており、
石に傷をつけることもありますので、ご注意ください。
石に対する言い伝え等については、その効果を保証するものではありません。
あくまで伝承として一般的に知られている内容を簡単にまとめたものです。