サーペンティン(ボーウェナイト)タンブル [serpentine001]

サーペンティンのタンブルです。
一般的には「ニュージェイド」と呼ばれていたり、
ことによっては「ネフライト」とつけられていたりしますが、
「サーペンティン蛇紋岩」の中の薄いグリーンの色石「ボーウェナイト」です。

ちょっと複雑になるのですが。
まず翡翠ジェイドは、硬玉ジェダイトと軟玉ネフライトの総称です。
そしてそれぞれは組成の違う鉱物です。
日本の糸魚川翡翠やミャンマー翡翠は硬玉ジェダイト、本翡翠というやつですね。
中国では硬玉ジェダイトがとれませんので、
中国の「玉」と呼ばれるものは軟玉ネフライトが主です。

そもそも古代中国ではキレイな石の総称として「玉」を使っていたのですが、
中でもネフライトのとろりとした質感が好まれ、
玉=きれいな石=ネフライトになっています。
中国だけの話ではなく、
鉱物学が発達して組成の違いが分かるようになるまで、
こういった話は世界中にありました。

そういったことを踏まえ。

蛇紋岩はこの石のように模様がなく、とろりとした質感の
一見してネフライトやジェダイトと区別のつかないタイプと、
蛇紋という名称通りの、模様入りのタイプとがあります。

その中の、ジェイドとみまごうタイプに、
ニュージェイドという流通名がつけられました。
中国の玉「新山玉」の英語読みという話もあります。

これにはもうひとつ逸話があって。
この模様のない薄緑の蛇紋岩をネフライトと間違えた学者がいたのです。
その方がボーウェ博士。
なので、この石にはボーウェナイトの名前がつけられたんですね。
専門家として、自分の名前がついた石って嬉しいコトでしょうが、
間違えたんでつけられた、そして後世に残るってのは、ちょっと博士、気の毒(笑)
それくらい、専門家でも間違えるくらいに似ているってことなんですけどね。

だったら流通名もボーウェナイトでいいじゃないか!ですよね。
そこはそれ、有名人と知り合い♪みたいな話が
あたかも権威を持っているみたいに語られるように、
ジェイドじゃないけど、似てるからさージェイドに♪
という、業界のスケベ心も充分に含んでいると思うワケです(^ー^)m


サーペンティンは、見えないキケンから身を守る石と言われます。
模様タイプのほうが、一見してその意味は強そうに思えますが、
ボーウェナイトの優しく温かく柔らかい光のようなものも、
旅路のお守りとなるのだろうなと思います。


ストーンヒーリングに使う、瞑想時、就寝時に握る、などの他、
タンブルをいろいろと並べて、
今日はこれかな〜♪と、本日のお供(笑)を選んだりして、
お楽しみ頂きたいと思います。

【発送方法選択のご注意】
通常梱包をすると、3センチを越えますので、
レターパックプラスでのお届けです。
クリックポスト・レターパックライトをお選びいただいた場合、
簡易包装での発送となります。

商品詳細

素材  サーペンティン(ボーウェナイト)タンブル
サイズ 約30g前後
サーペンティン(ボーウェナイト)タンブル [serpentine001]

販売価格: 600円(税込)

在庫なし
sold outの商品をご希望の方は[bs018]等の商品ナンバーを明記の上、こちらのお問い合わせフォーム、もしくは各商品ページの「お問い合わせ」よりご連絡ください。素材の在庫があれば対応可能ですが、仕入れ時期により価格の変動もございます。
SOLD OUTカテゴリーの商品は、同等グレードの石の再入荷が難しい、または、再入荷できても価格が大きく変動する可能性が高いものですので、石の質、価格共に同等での再入荷は少々難しいかもしれません。
素材の中に、クラックやインクルージョンが見られることがありますが、
それこそが天然である証のようなものと、予めご承知おきください。
天然石は水分や塩分に弱いものも少なくありません。
汗がついた後など、放っておくと変色してしまう石もありますので、
ご使用後はやわらかいメガネ拭き等でお手入れすることをお勧めします。
シルバー磨き用のクロスは細かい磨き粉がついており、
石に傷をつけることもありますので、ご注意ください。
石に対する言い伝え等については、その効果を保証するものではありません。
あくまで伝承として一般的に知られている内容を簡単にまとめたものです。